«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« アウトカムシュミレーション | メイン | デジタルスマイルデザインの勉強会 »

2018年6月 4日

こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです。


少し前のブログから「iTero」についてお話しさせていただいています。


その「iTero」ですが、通常、精密検査時に患者さんの口腔内をスキャンし、レントゲン写真、口腔内写真、顔写真等で診断し、矯正治療前、矯正治療後の変化をアウトカムシュミレーターを用い、アウトカムシュミレーションを実際に確認して頂いております。


(あくまでもイメージになります。実際にインビザラインのマウスピース作成時にはこのスキャンをもとにレントゲン、顔写真、口腔内写真など何度もすり合わせをし、細かく診断しますので、実際は異なります。)


図1_LI.jpg

このアウトカムシュミレーション(治療後のイメージ)を見ながら自由に左右見る事が出来たり、回転することもできるので前から、横から、内側からなど様々な方向から噛み合わせの状態も確認できます。

もし、歯を抜かなければならない方には、仮に歯を抜いた場合の説明も可能です。

頭の中になんとなくを描くより、実際に画像を見ると、とても分かりやすく、想像しやすくなります。

通常のカウンセリングでは、口腔内写真とレントゲン撮影を行い、1時間ほどのカウンセリングを行っております。

もし、カウンセリング時にアウトカムシュミレーターを使用し、アウトカムシュミレーションを希望の方は、事前予約の際に必ずお伝えくださいね!!

お口の中をスキャンするのにお時間を頂くため、前後の予約で受付できない場合もございます。

☆アウトカムシュミレーション(治療後のイメージ)になりますので歯の動きを厳密に反映するものではありません。

☆実際、インビザラインでの治療の患者様の検査時には精密検査、レントゲン撮影、診断等、何度も擦り合わせをしながら治療計画を立てていきます。アウトカムシュミレーションのあの動きとは異なります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hi-ortho.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/757

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

ひらさわ矯正歯科 院長 平澤建太朗 ひらさわ矯正歯科
http://www.hi-ortho.com/
院長 平澤建太朗

【略歴】
2000年3月 愛知学院大学歯学部卒業
2000年4月 歯科医師免許取得
2000年4月 朝日大学歯学部矯正学講座入局
2002年4月 渡辺矯正歯科クリニック 勤務
2005年8月 ひらさわ矯正歯科 開業

【所属】
日本成人矯正歯科学会 会員
日本矯正歯科学会 会員
近畿東海矯正歯科学会 会員