«  2017年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« セパレーションについて | メイン | インビザラインティーンの講習会 »

2017年7月11日

こんにちは,ひらざわ矯正歯科クリニックです。

以前の「矯正中のハミガキ」の内容に続き、
今回は二期治療のブラケットのついた歯の磨き方についてのお話です。

ブラケットは5㎜程度の小さな装置で、歯一本一本につきます。
その上にワイヤーが通っているので装置自体はもちろん、歯と歯の間までびっしりと食べ物がつまってしまう事がよくあります。
特に、ネギ、ニラ、麺、えのき、ホウレンソウ、白菜、柑橘類、パン、クッキー、ナッツ類、トウモロコシなどといった繊維質の食べ物や水分の少ない食べ物が装置にひっかかったり歯間につまったりします。
このようにつまりやすい食べ物や、汚れが残りやすいところを知る事も上手なハミガキへの近道なのです。

*ポイント*
まず鏡を見て、ワイヤーを境に上下に分け、普通の歯ブラシなら角度を変えながらブラシの角が歯面やブラケットの表面に当たるようにして小刻みに動かします。
この際、矯正専用の歯ブラシだと先端が山型になっているので磨きやすいです。
IMG_0267[1].JPG

ブラケットの真横や歯間は、ワンタフトブラシや歯間ブラシをワイヤーの下に潜り込ませ、こするように小さく縦に動かします。時間がかかり面倒ですが、根気強く一か所一か所丁寧に行いましょう。
IMG_0269[1].JPG

力を入れすぎたり歯ブラシを当てる力が強いと、歯ブラシの毛がねてしまい、
うまく汚れが落ちなかったり歯肉にダメージを与えてしまうので、
毛先をピタッと当てた状態で動かしましょう。

どんなに時間をかけても適切なものを使用しなければ、適切な動かし方でなければ、なかなか汚れは落ちません。
やはり普通の歯ブラシ一本だけではきれいに磨けないので、
矯正専用歯ブラシやワンタフトブラシ、歯間ブラシ、フロスなど、使い分ける事も重要です。

ハミガキが不十分だと虫歯や歯周病のリスクが高まるだけでなく、装置が外れやすくなり
矯正治療が思うように進まなくなってしまう事もあります。

ブラケット治療のハミガキについてお話ししてきましたが、ハミガキが大変になるという点で矯正治療に不安がある方には取り外し可能なマウスピースでの治療をおすすめします。
ひらざわ矯正歯科クリニックでは矯正の無料カウンセリングを行っております。
矯正を考えている方はぜひ、ひらざわ矯正歯科クリニックまでご連絡下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hi-ortho.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/729

ひらさわ矯正歯科 院長 平澤建太朗 ひらさわ矯正歯科
http://www.hi-ortho.com/
院長 平澤建太朗

【略歴】
2000年3月 愛知学院大学歯学部卒業
2000年4月 歯科医師免許取得
2000年4月 朝日大学歯学部矯正学講座入局
2002年4月 渡辺矯正歯科クリニック 勤務
2005年8月 ひらさわ矯正歯科 開業

【所属】
日本成人矯正歯科学会 会員
日本矯正歯科学会 会員
近畿東海矯正歯科学会 会員