«  2017年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 症例発表 | メイン | 睡眠時無呼吸症候群の方へ »

2017年7月25日

こんにちは、ひらざわ矯正歯科クリニックです。


矯正治療をされている皆さんは、歯並びが気になるので治療を開始するわけですが、元の歯並びって結構忘れやすいんです。
「八重歯だった」とか、「受け口だった」とか、"だいたい"で覚えている方がほとんどで、「この歯はこっちを向いていて」とか「何ミリの隙間があって・・・」などと細かく覚えていることはありません。


「顎を広げる」「歯を動かす」という治療は、月にミリ単位で動かすので、一気に動かすことはしません。毎日見ていても「あ、動いてきた!」というのは実感しにくいのです。

そうすると、「何か月も通っているけど、何か変わったかな?」「あとどれくらいの期間がかかるのかな・・・」と、けっこう気になるんです。(私も矯正治療をしたので、そうでした)


矯正治療は、Ⅱ期の方(永久歯が生え揃ってからの治療)でも約2年はかかります。Ⅰ期(乳歯の段階から始める治療)から始めるお子様はもっと長い期間になります。
そうなると、前と比べてどうなったか知りたいですよね!そして、それを見て「こんなに変わってる!よし、がんばるぞ!」と励みにしたいですよね。

ひらざわ矯正歯科クリニックでは、不定期ではありますが「治療経過報告書」というものをお渡ししております。

IMG_0154.JPG

どこが変わったのか、気を付ける点は・・・など、患者様お一人、お一人に、コメントもお書きしています。治療の進行具合も一目でわかるようにしてあります。

この報告書をお渡しすると
「ちょっと前はこんな感じだったんだねー」
「あ、隙間がなくなってきてる」
「永久歯がきれいに生えてきた!」
「顎間ゴムさぼったから、あんまり変わってない・・・」

などなど、色んな表情が見られます。


ぜひ、この治療経過報告書を励みに、長い治療期間を乗り切っていただきたいと思います。


ひらざわ矯正歯科クリニックでは矯正の無料カウンセリングを行っております。
矯正を考えている方はぜひ、ひらざわ矯正歯科クリニックまでご連絡下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hi-ortho.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/734

ひらさわ矯正歯科 院長 平澤建太朗 ひらさわ矯正歯科
http://www.hi-ortho.com/
院長 平澤建太朗

【略歴】
2000年3月 愛知学院大学歯学部卒業
2000年4月 歯科医師免許取得
2000年4月 朝日大学歯学部矯正学講座入局
2002年4月 渡辺矯正歯科クリニック 勤務
2005年8月 ひらさわ矯正歯科 開業

【所属】
日本成人矯正歯科学会 会員
日本矯正歯科学会 会員
近畿東海矯正歯科学会 会員