«  2017年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 矯正はいつから? | メイン | インビザラインでよくある質問4 »

2017年3月10日

こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです。

今回は以前紹介させて頂いた"インビザラインでの矯正治療の痛み"に続き、
"なぜインビザラインだと痛みが少ないのか"という点についてお話しさせて頂きます。

矯正治療を始めるにあたって装置の見た目や費用、治療期間...など
さまざまな点からためらう方が多いのが事実です。
そんな中でも、痛みは矯正治療中ずっと付き合っていかなければならないので
誰もが心配する点だと思われます。
矯正治療には痛みがつきものとはよく言いますが、痛みが少ないにこしたことはないですよね。

そこでインビザラインの痛みとブラケット+ワイヤーの痛みを比較してみました。

インビザラインは厚さ約0.5㎜のプラスチック素材のマウスピースなので、
ブラケット+ワイヤーと違って装置が当たって痛むことや口内炎ができる心配はもちろんありません。

そしてインビザラインはその方によりマウスピースの個数は違いますが、
マウスピース1つの歯を動かす距離が0.25㎜と決められています。

少し専門的なお話にはなりますが、歯の土台となる硬い骨の根の周りには
柔らかい歯根膜という組織があります。
矯正治療はこの歯根膜に力を加えることで、歯を動かしているという仕組みになります。
強い力を加えた分だけ歯は早く動きますが、それに伴い痛みもそれだけ強くなると言えます。

インビザラインはこの歯根膜に0.25㎜という歯を動かすための最小限の優しい力を加えて
治療を進めていくよう設計されているので、ブラケット+ワイヤーよりも痛みが少ないのです。

歯並びのでこぼこが激しいところやねじれやずれが大きいところほど
力を加えなければならないので、痛みを強く感じるということはどちらの治療にも共通していることです。

ブラケット+ワイヤーは調節の際、動かしたいところに特に強い力が加わるので
特定のところが強く痛むことがあります。

ですがインビザラインはマウスピースなので歯全体に力が分散されるため、
特定箇所のダメージが少ないのです。

新しいマウスピースに変えて数時間や取り外しに慣れていないときは痛みが出てしまうようですが、スペースがなく抜歯が必要でブラケット+ワイヤーの治療を経てインビザラインに移行された患者様からは「ブラケットの時よりも全然痛くない。」という声もあります。

ひらざわ矯正歯科クリニックでは矯正の無料カウンセリングを行っています。
インビザラインが気になる方はひらざわ矯正歯科クリニックまでご連絡ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hi-ortho.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/711

ひらさわ矯正歯科 院長 平澤建太朗 ひらさわ矯正歯科
http://www.hi-ortho.com/
院長 平澤建太朗

【略歴】
2000年3月 愛知学院大学歯学部卒業
2000年4月 歯科医師免許取得
2000年4月 朝日大学歯学部矯正学講座入局
2002年4月 渡辺矯正歯科クリニック 勤務
2005年8月 ひらさわ矯正歯科 開業

【所属】
日本成人矯正歯科学会 会員
日本矯正歯科学会 会員
近畿東海矯正歯科学会 会員