«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 目立たない矯正 ~インビザライン~ | メイン | インビザライン »

2016年7月25日

こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです

前回に続き、インビザラインについてお話致します。

歯並びをきれいにするにあたって、歯が並ぶスペースが足りない方は顎の幅を広げたり、それでもスペースが足りないと抜歯が必要になるケースもあります。

そういった場合は、歯を動かす距離が多くなるためマウスピースの数も多くなってしまい、どうしても治療期間も長くなってしまします。

きれいにしたいけど、治療期間が長いのは嫌ですよね。


そのため、ひらざわ矯正歯科クリニックでは治療期間を短縮するため顎を広げる場合は別の矯正装置を使用します。

photo18.jpg
拡大装置

装置の金属の輪っか部分を歯科用の接着材で6番目の歯に固定させ、力を加えて歯列を広げていく装置です。
裏側に入る装置なので、装置を付けていることは見た目では分かりません。


抜歯が必要になる方は、抜歯間のスペースがある程度埋まるまで表側に部分的にブラケット装置を付けます。

メタル.png
犬歯(3番目)から奥の歯に付けるので、全体に装置を付けるより目立ちません。


それでも気になる方は、犬歯を透明のブラケットに変えて頂くとより目立ちにくくなります。
クリア.png


個人差もありますが、だいたい6か月前後こちらの装置で動かしてからインビザラインのマウスピースに移行します。


マウスピースを作成する前に、検査で特殊なシリコンでお口の型を採ります。
検査で採取した資料を送りインビザラインの発注をします。

海外から送られてくるため、インビザラインの到着まで1か月~1か月半程かかります。
(拡大装置、ブラケット装置を装着していた方は、インビザラインの検査時に装置を外します。
その際、インビザライン到着までは歯並びがずれるのを防ぐためにリテーナーという透明のマウスピースを使用して頂きます。)

スペースが足りていて、特に顎の幅を広げたり抜歯をする必要のない方は、インビザラインのみで治療を進めて頂けます。


その方の歯並び、噛み合わせによって治療方法が変わってきます。


ひらざわ矯正歯科クリニックでは、矯正の無料カウンセリングを行っています。
インビザラインが気になる方はひらざわ矯正歯科クリニックまでご連絡ください。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hi-ortho.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/684

ひらさわ矯正歯科 院長 平澤建太朗 ひらさわ矯正歯科
http://www.hi-ortho.com/
院長 平澤建太朗

【略歴】
2000年3月 愛知学院大学歯学部卒業
2000年4月 歯科医師免許取得
2000年4月 朝日大学歯学部矯正学講座入局
2002年4月 渡辺矯正歯科クリニック 勤務
2005年8月 ひらさわ矯正歯科 開業

【所属】
日本成人矯正歯科学会 会員
日本矯正歯科学会 会員
近畿東海矯正歯科学会 会員