«  2017年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 矯正中のハミガキ② | メイン | 症例発表 »

2017年7月13日

昨日、混合歯列期をインビザラインにて治療をする講習会に出席してきました。


インビザラインというと成人の方が矯正治療をする際、使用する装置というイメージがありますが、混合歯列期のお子様にも治療が可能です。


混合歯列期の患者様は当院でも取り外し式の装置を使用することが多く、その後永久歯列に完全に生え変わった時点でフルブラケットシステムに移行しますが、混合歯列期からインビザラインでの治療ができます。


フルブラケットシステムですと、虫歯が心配、部活動で影響はないかな、勉強や試験でなかなか来院できない、など、中高生ならではの生活スタイルもありますよね。


インビザラインですと来院回数もフルブラケットシステムより回数を減らすこともできまたり、歯ブラシもマウスピースを取り外し今のままの状態でハミガキできるので、虫歯のリスクも減らすことができます。


ただ、ブラケットシステムは固定式ですが、インビザラインは取り外し式になりますので、必ず使用時間を守っていただく必要はあります。


ご希望の方は詳しくカウンセリングを行います。


IMG_3305.JPG

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hi-ortho.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/733

ひらさわ矯正歯科 院長 平澤建太朗 ひらさわ矯正歯科
http://www.hi-ortho.com/
院長 平澤建太朗

【略歴】
2000年3月 愛知学院大学歯学部卒業
2000年4月 歯科医師免許取得
2000年4月 朝日大学歯学部矯正学講座入局
2002年4月 渡辺矯正歯科クリニック 勤務
2005年8月 ひらさわ矯正歯科 開業

【所属】
日本成人矯正歯科学会 会員
日本矯正歯科学会 会員
近畿東海矯正歯科学会 会員