«  2017年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 矯正治療中におすすめのレシピ | メイン | 矯正中のハミガキ② »

2017年7月 4日

こんにちは、ひらざわ矯正歯科クリニックです。


今回はこれから歯列矯正を始める方の1番初めの治療、
『セパレーション』についてのお話です。

歯列矯正治療では奥歯に"バンド"という金属のワッカを入れる場合が多くあります。
ブログ2.JPGブログ3.JPG

このバンドを装着するためには歯と歯の間に僅かなスペースが無くては
バンドがきちんと装着できません。
そこで歯と歯の間にスペースを作るために"セパレーション"をします。

セパレーションでは、直径3~5mm程のゴムを使用し、バンドを装着する歯の前後に
ゴムを入れ、約0.2mm~0.5mmのスペースを作ります。
ブログ4.JPGブログ1.JPG

スペースを作るという事は、ごく僅かですが、歯を動かす事になるので
それに伴う痛みがでる場合があります。

この痛みは個人差が大きく「全く痛みがなかった」という方から「何もしなくても痛い」
という方、中には歯列矯正を終えた方に感想を聞くと「初めのセパレーションが一番痛かった」と様々です。

特に多いのがセパレーションをしている歯でかたい物が噛めなくなるという事です。
ですが、ほとんどの方が約2日~1週間程で痛みが落ち着きます。

痛みが落ち着くまでの間は、前回のブログでご紹介した
【矯正治療中におすすめのレシピ】
など栄養バランスのとれた食事を参考にして下さいね。

ひらざわ矯正歯科クリニックでは矯正の無料カウンセリングを行っております。
矯正を考えている方はぜひ、ひらざわ矯正歯科クリニックまでご連絡下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hi-ortho.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/731

ひらさわ矯正歯科 院長 平澤建太朗 ひらさわ矯正歯科
http://www.hi-ortho.com/
院長 平澤建太朗

【略歴】
2000年3月 愛知学院大学歯学部卒業
2000年4月 歯科医師免許取得
2000年4月 朝日大学歯学部矯正学講座入局
2002年4月 渡辺矯正歯科クリニック 勤務
2005年8月 ひらさわ矯正歯科 開業

【所属】
日本成人矯正歯科学会 会員
日本矯正歯科学会 会員
近畿東海矯正歯科学会 会員