«  2016年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年7月25日

こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです

前回に続き、インビザラインについてお話致します。

歯並びをきれいにするにあたって、歯が並ぶスペースが足りない方は顎の幅を広げたり、それでもスペースが足りないと抜歯が必要になるケースもあります。

そういった場合は、歯を動かす距離が多くなるためマウスピースの数も多くなってしまい、どうしても治療期間も長くなってしまします。

きれいにしたいけど、治療期間が長いのは嫌ですよね。


そのため、ひらざわ矯正歯科クリニックでは治療期間を短縮するため顎を広げる場合は別の矯正装置を使用します。

photo18.jpg
拡大装置

装置の金属の輪っか部分を歯科用の接着材で6番目の歯に固定させ、力を加えて歯列を広げていく装置です。
裏側に入る装置なので、装置を付けていることは見た目では分かりません。


抜歯が必要になる方は、抜歯間のスペースがある程度埋まるまで表側に部分的にブラケット装置を付けます。

メタル.png
犬歯(3番目)から奥の歯に付けるので、全体に装置を付けるより目立ちません。


それでも気になる方は、犬歯を透明のブラケットに変えて頂くとより目立ちにくくなります。
クリア.png


個人差もありますが、だいたい6か月前後こちらの装置で動かしてからインビザラインのマウスピースに移行します。


マウスピースを作成する前に、検査で特殊なシリコンでお口の型を採ります。
検査で採取した資料を送りインビザラインの発注をします。

海外から送られてくるため、インビザラインの到着まで1か月~1か月半程かかります。
(拡大装置、ブラケット装置を装着していた方は、インビザラインの検査時に装置を外します。
その際、インビザライン到着までは歯並びがずれるのを防ぐためにリテーナーという透明のマウスピースを使用して頂きます。)

スペースが足りていて、特に顎の幅を広げたり抜歯をする必要のない方は、インビザラインのみで治療を進めて頂けます。


その方の歯並び、噛み合わせによって治療方法が変わってきます。


ひらざわ矯正歯科クリニックでは、矯正の無料カウンセリングを行っています。
インビザラインが気になる方はひらざわ矯正歯科クリニックまでご連絡ください。


2016年7月12日

こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです

歯列矯正にはいくつかの治療法がありますが、治療効果が高く、かつ審美性と快適さを
兼ね備えたものは多くありません。
その中から今回はインビザラインについて紹介していきます。

インビザラインとは歯並びを治療するため、患者さんひとりひとりのためにカスタムオーダーで製造される矯正装置のことをいいます。形状の異なる複数のマウスピースを段階的に連続して使用することで歯の移動を行います。

PICT0745.jpg

10日~2週間ごとに新しいマウスピースに交換しながら1日20時間以上装着し、
歯を少しずつ動かしていきます。
永久歯に生え変わっていればインビザラインで治療することができるので、10代前半から成人のほとんどの方が治療することができます。

インビザラインのメリットとは?

 ①装置が目立たない
  透明なマウスピースを使用するので、装着していてもほとんど目立ちません。
 ②お口の中が清潔な状態で維持される
  食事・歯磨きの時は取り外すので、歯や歯ぐきの健康を維持することができます。
 ③不快感の軽減
  ひとりひとりに合ったマウスピースを作製するので、矯正装置の装着による不快感が
  あまりありません。
 ④アレルギーがある方にも使用できる
  ブラケットやワイヤーなどの金属を使用しないので、金属アレルギーがある方も
  使用することができます。
 ⑤3Dアニメーション動画を通じて、モチベーションを上げる
  動画を通じて、計画された歯の移動を事前に見ることが可能なので、治療に対する
  モチベーションを向上させることができます。

メリットは以上のようなことがあげられます。
しかし、しっかり使用法を守らないと治療期間が長くなってしまいます。

特にお子様の場合は学校や塾など家にいない時間が多く、保護者の方は使用時間について心配されるんじゃないでしょうか?

大丈夫です!

お子様のマウスピースには青いボタン状の突起がついており、おおよその装着時間を測ることができるようになっています。1日20時間~22時間使用してもらうと、約2週間程で青色が唾液に反応し、色が薄く変化するようになっています。

PICT0735 - コピー.jpg

このような機能がついていると保護者の方も安心ですよね☆


そしてひらざわ矯正歯科クリニックではインビザラインをする過程で

一切歯を削りません!!

でこぼこした歯並びを治すために、歯を削って隙間をつくるという方法がありますが、
当院では歯を削らずに治療を行っていきます。

※ひどい歯周病や残っている歯の本数が少ないと治療できない場合もあります。

ひらざわ矯正歯科クリニックでは、矯正の無料カウンセリングを行っています。
インビザラインが気になる方はひらざわ矯正歯科クリニックまでご連絡ください。

2016年7月 5日


こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです


6月に矯正の講習会へ出席するためにソウルへ行ってきました。


毎年目標を立てるのですが、ここ数年の目標は最新の矯正治療を学ぶこと。
そのために多くの時間を費やしています。

今回の講習内容は矯正治療で使用するアンカースクリューを用いた最新の矯正治療についてでした。

今回の内容を精査し治療に生かしていきます。講習会ソウル.JPG

名古屋 名古屋市 三重県 桑名市 津島市 弥富市 あま市 愛西市
海部郡大治町 飛島村 より近郊の 海部郡 蟹江町 の 
ひらさわ矯正歯科

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

ひらさわ矯正歯科 院長 平澤建太朗 ひらさわ矯正歯科
http://www.hi-ortho.com/
院長 平澤建太朗

【略歴】
2000年3月 愛知学院大学歯学部卒業
2000年4月 歯科医師免許取得
2000年4月 朝日大学歯学部矯正学講座入局
2002年4月 渡辺矯正歯科クリニック 勤務
2005年8月 ひらさわ矯正歯科 開業

【所属】
日本成人矯正歯科学会 会員
日本矯正歯科学会 会員
近畿東海矯正歯科学会 会員