トップへ » 清潔な院内 » 院長・スタッフのご紹介 » 何も考えずに父と同じ歯科医師の道へ

何も考えずに父と同じ歯科医師の道へ

院長あいさつ私は1975年、歯科医院を開業している父の元に、長男として生まれました。私が愛知学院大学の歯学部に入学したのは、長男として父と同じ道を歩むのが当然という思いがあったからです。それが私の、歯科医師としての第一歩でした。

決して真面目な学生ではなかった私は、大学2年のときに留年しました。一緒に机を並べていたはずの同級生が先輩になってしまったという現実。もしかしたら、人生で初めての挫折を味わったかも知れません。

こんなふうに劣等生として過ごし、流されるままに歯科医師になっても、決してよい治療はできない。そう思った私は、留年をきっかけに気持ちを仕切り直し、もっと積極的に勉強に臨んでいこうと決意しました。それ以降は、歯科医師になるということを真剣に捉え、我ながら驚くほど真摯に勉強に取り組んだと思っています。

矯正歯科の技術を学ぶ
私の父は一般歯科の開業医でした。どうせ父と同じ道を歩むなら、父にはない技術を習得して父を超えたい。そんな思いから私が選んだのが矯正歯科でした。

大学を卒業後、私は岐阜県にある朝日大学歯学部の矯正学講座に入局。同時に、名古屋市内の矯正歯科医院で、矯正技術を実地に学ぶことにしました。そこで恩師ともいうべき先生に出会えたのです。



トップへ » 清潔な院内 » 院長・スタッフのご紹介 » 何も考えずに父と同じ歯科医師の道へ


コールバック予約

PAGE TOP