2018年4月25日 « トップへ

2018年6月 6日

オルソパルスとは

オルソパルス(Ortho Pulse)

オルソパルス(Ortho Pulse)とは、矯正治療の補助装置の1つです。オルソパルスは、歯の動きを加速させる効用を持ちます。オルソ(Ortho )は矯正治療という意味で、パルス(Pulse)は英語で"波動"のことを意味します。つまり、オルソパルスは、波長850nmの赤外線を歯に照射することで歯がより早く動かし、矯正治療の治療期間も短くするために使用します。

オルソパルスの使い方

オルソパルスは、矯正治療の装置(ブラケット装置やマウスピース型装置)を歯に装着したままの状態で1日1回照射します。

STEP.1

照射する前の準備として6時間の充電が必要です。USBコネクタによる充電ですので、PC等でも充電することが可能ですが、電圧を安定して長時間供給できるコンセントがおすすめです。写真のように、青い収納ケースが充電器を兼ねいますので保管に便利です。

STEP.2

充電が完了するとランプが点滅しなくなります。

STEP.3

5 分間、上の歯列に照射します。

STEP.4

照射機を上下をひっくり返し、今度は、5 分間、下の歯列に照射します。

補助装置オルソパルスが併用できる矯正装置

オルソパルスは、基本的に、どの矯正装置でも、どの治療法でも補助装置として使用することができます。中でも、特に、マウスピース型装置(インビザライン)による矯正とは相性が良いです。

装置の種類 治療方法 補助としての使用
ブラケット装置 表側矯正 〇可能
見えない裏側矯正 〇可能
マウスピース型装置 マウスピース矯正 ◎可能

矯正治療は、装置の交換を頻繁に行うことで、治療期間が短くなります。

一般的なマウスピース型装置(インビザライン)による矯正治療

矯正治療終了までに交換が必要なマウスピースの総数 装置の交換頻度 治療期間
24個 4週間に1度 24か月


補助装置オルソパルスを併用したマウスピース型装置(インビザライン)による矯正治療

矯正治療終了までに交換が必要なマウスピースの総数 装置の交換頻度 治療期間
24個 2週間に1度 12か月


ブラケット装置の場合、クリニックに通院し、医師による装置の調整が必要ですが、マウスピース型装置の場合は、ご自身で自宅で装置の交換を行うことができます。オルソパルスを使用し、細胞を活性化させ、歯がより早く動かし、マウスピース装置の交換頻度を高め、最大3日に1度の装置の交換頻度にすることができます。

オルソパルスのメリットデメリット

メリット

・治療期間の短縮
・治療中の痛みの軽減

デメリット

・毎日使用しなければならない

オルソパルスの取り扱い説明

オルソパルスの収納ケースの裏面に取扱説明書が張り付けてあります。"ランプの点滅の仕方"で、装置がどのような状態なのかを確認することができます。

In Hand(収納ケースから取り外した状態)

緑緑緑 照射ができる状態
黄黄黄 充電が足らない状態
赤赤赤 故障・エラー・不具合が出ている状態
青青青 照射中
 照射完了
点滅 照射の一時停止状態

In Charging casa :Plug In(収納ケースに入れコンセントに差している状態)

 フル充電状態ではないが照射可能な状態
 充電中
無無無 フル充電完了
紫紫紫 Bluetoothに繋げられる状態
 Bluetoothに接続している状態

オルソパルスをBluetoothで専用アプリに繋げる方法

STEP.1

iPhoneアプリストアで「Ortho Pluse」と検索する

STEP.2

入手ボタンをタップしてダウンロード&インストールする

STEP.3

プッシュ通知の設定について「許可」を選択する

STEP.4

「Bluetoothが利用できません」という画面が出た場合、オルソパルスのアプリを使用することができないのでBluetoothをONにする。

STEP.5

BluetoothをONにするには携帯電話本体の設定を変更する必要があるので、(iPhoneXの場合は)電波マークあたりを下に引っ張り以下の画面を出して、BluetoothをONにする

STEP.6

以下の画面までたどり着いたら、別途送られてきているメールに記載してあるメールアドレス&パスワードを入力してログインする。

STEP.7

ログインに成功すると、上部に担当の歯科医師名が表示されたオルソパルス・アプリのダッシュボード画面が表示され、ログインが成功した状態になる。


2018年4月25日 « トップへ


コールバック予約

PAGE TOP