トップへ » 治療の種類と料金 » オルソパルスの効果や使い方 » 補助装置オルソパルスが併用できる矯正装置

補助装置オルソパルスが併用できる矯正装置

オルソパルスは、基本的に、どの矯正装置でも、どの治療法でも補助装置として使用することができます。中でも、特に、マウスピース型装置(インビザライン)による矯正とは相性が良いです。

装置の種類 治療方法 補助としての使用
ブラケット装置 表側矯正 〇可能
見えない裏側矯正 〇可能
マウスピース型装置 マウスピース矯正 ◎可能

矯正治療は、装置の交換を頻繁に行うことで、治療期間が短くなります。

一般的なマウスピース型装置(インビザライン)による矯正治療

矯正治療終了までに交換が必要なマウスピースの総数 装置の交換頻度 治療期間
24個 4週間に1度 24か月


補助装置オルソパルスを併用したマウスピース型装置(インビザライン)による矯正治療

矯正治療終了までに交換が必要なマウスピースの総数 装置の交換頻度 治療期間
24個 2週間に1度 12か月


ブラケット装置の場合、クリニックに通院し、医師による装置の調整が必要ですが、マウスピース型装置の場合は、ご自身で自宅で装置の交換を行うことができます。オルソパルスを使用し、細胞を活性化させ、歯がより早く動かし、マウスピース装置の交換頻度を高め、最大3日に1度の装置の交換頻度にすることができます。



トップへ » 治療の種類と料金 » オルソパルスの効果や使い方 » 補助装置オルソパルスが併用できる矯正装置


コールバック予約

PAGE TOP