トップへ » 治療の種類と料金 » 見えない裏側矯正 » 見えない裏側矯正とは

見えない裏側矯正とは

インコグニート

「歯科矯正で歯並びを整えたい」と患者さまが一番気にされるのは、治療中の見た目の問題です。見えない裏側矯正は、歯の裏側に装置をつけるので、見た目に矯正治療中ということがまったくわかりません。治療中の見た目が気になるため、矯正治療を行うことに一歩踏み出せないという人でも安心です。まわりの人に気づかれずに行える治療です。

*モデル、アナウンサー、営業の方など人前に出るお仕事の方に喜ばれている矯正治療です。

日本における裏側矯正の普及度
「装置を表側につける一般的な矯正治療をしている人」と「見えない裏側矯正治療をしている人」の割合は、90%:10%くらいと言われています。、なぜ?裏側矯正をする人がこのように少ないのでしょうか。

裏側矯正をしている人が少ない理由
主な理由は2つです。

1つ目の理由 費用が高い
通常の矯正治療に比べて、裏側矯正治療の治療費は1.5倍高くなります。

解決策は・・・
一般的に、下の歯並びに付けた装置はほとんど目立ちません。そこで、上の歯並びだけ裏側に装置つけるハーフリンガル矯正で費用を大幅に抑えることができます。当院ではハーフリンガル矯正をお勧めしています。

表側矯正ハーフリンガル矯正

2つ目の理由 裏側矯正治療をできる歯科医師が少ない
(1)適応症が限られている(あなたの場合は、裏側矯正ができません)、(2)治療期間が長い(通常の矯正に比べて裏側の装置は約1.5倍かかってしまいます)と言われ、裏側矯正を諦めてしまう方もいらっしゃいます。

解決策は・・・
上記の(1)や(2)は、術者(歯科医師)の技量によります。裏側矯正の経験が豊富な歯科医師であれば、通常の矯正治療と同様の治療結果を出すことができます。



トップへ » 治療の種類と料金 » 見えない裏側矯正 » 見えない裏側矯正とは


コールバック予約

PAGE TOP