トップへ » 治療の種類と料金 » 無呼吸用マウスピース

睡眠時のいびき、無呼吸対策のマウスピース

「無呼吸用マウスピース」は、睡眠時無呼吸症候群の治療に使われる装置です。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS...Sleep Apnea Syndrome)とは、睡眠時に無呼吸になる病気です。起きているときは呼吸障害を自覚しませんが、寝ているときに10秒以上の呼吸停止が1時間に5回以上、または一晩7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸となる病気と定義されています。主に、いびきをかく・日中に眠気が襲ってくる・寝相が悪い・早朝の頭痛などの症状が表れます。

マウスピースを取り入れた治療マウスピース
当院では、治療用に開発された特殊な形状のマウスピースを使用しております。口にはめるだけでいびきや無呼吸を抑制できます。特に新しいタイプのマウスピースは、装着しても会話ができ、飲み物も飲めるので、より快適に過ごせます。

また、手術などをしないため、ほかの治療と比べて身体の負担が少なく効果も高いため、いびき・無呼吸を簡単に治したい方にはオススメです。

<マウスピース治療のメリット>
・身体に負担がかからない
・手軽に使用できる
・携帯に便利
・効果が高いとされている

<マウスピース治療のデメリット>
・入れ歯の人は使用できない
・成長過程のお子さまは使用できない
・睡眠時に装着しなければならない

※製作にあたっては、医師の診断書が必要となります。


カウンセリングをおこなっております

カウンセリング 無料カウンセリング 無料相談メール 当院のカウンセリング内容


コールバック予約

PAGE TOP