トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛くない治療 » 一般歯科でも痛くない治療を心がけています

一般歯科でも痛くない治療を心がけています

痛くない治療なるべく痛みの少ない治療をしたいという思いは、矯正治療に限らず一般歯科治療でも同じです。そのために当院では、さまざまな工夫を行っています。その一部をご紹介しましょう。

表面麻酔
治療時の痛みを減らすため、通常は麻酔注射をします。しかしその麻酔注射自体が痛いという患者さまもいらっしゃいます。そんな麻酔注射をするときの痛みを和らげるのが、表面麻酔です。

表面麻酔は、薬剤を歯茎に塗布することで、注射時の痛みを和らげてくれます。まず表面麻酔をしてから、歯茎の表面に麻酔が効いたことを確認し、それから麻酔注射を打つようにしています。

33ゲージの細い針
麻酔注射をするときは、針が細いほど痛みが少なくなります。一般的な歯科医院で麻酔時に使われているのは、30ゲージと呼ばれる太さの針を使うことが主流です。しかし当院では、より細く痛みの少ない33ゲージの針を使用しています。

針が細いと痛みは少ないのですが、麻酔液を注入するためにより大きな力が必要となり、注入し終えるまでに時間もかかります。そういったマイナスポイントは、治療に当たる歯科医師の技術でカバー。熟練の技術で、患者さまの負担を少なくしています。

時間をかけてカウンセリング痛くない治療
治療のときに痛みを感じるかどうかは、実は患者さまの精神的な問題も大きく関係しています。「何をされるのかわからない」という状態だと、どんな治療であっても不安に感じるもの。その不安を取り除くため、当院ではじっくりと時間をかけてカウンセリングを行っています。

治療方針を説明し、次にどのような治療をするのか説明するといったことはもちろん、患者さまからのご希望、疑問などもしっかりとお聞きします。コミュニケーションをはかることで、少しでも緊張を和らげて治療に臨んでいただけたらと考えています。



トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛くない治療 » 一般歯科でも痛くない治療を心がけています


コールバック予約

PAGE TOP