トップへ » 当院が選ばれる理由 » まず、癖を治すことから » 歯並びに影響が出てしまったら、矯正が必要ですか?

歯並びに影響が出てしまったら、矯正が必要ですか?

子どものクセから治すもし、歯並びに影響が出てしまっても、3歳以前にやめられれば、自然に治っていくことが多いので、特に治療は必要ない場合が多いでしょう。

ただし、指しゃぶりやおしゃぶりをしていた期間が長いと、していない時間には前歯の隙間を埋めるように、その隙間に舌を挟みこむ新たなクセが出てきます。そうしないと、飲み込みにくいからです。せっかく指しゃぶりやおしゃぶりをやめても、新たなクセがついてしまうと、歯並びは自然には治りにくくなってしまいます。

また、指などを吸うときに頬にも強い力が入っていた子は、上あごが狭くなっていて、下あごとの噛み合わせがずれてしまう場合もあります。このようなケースには、小児期に上あごを矯正する装置を使う必要があるでしょう。



トップへ » 当院が選ばれる理由 » まず、癖を治すことから » 歯並びに影響が出てしまったら、矯正が必要ですか?


コールバック予約

PAGE TOP