トップへ » 当院が選ばれる理由 » まず、癖を治すことから » 歯並びが悪いとどうなる?

歯並びが悪いとどうなる?

キレイな歯並びは、見た目の美しさだけではなく、噛み合わせによる身体全体の健康に大きく影響します。歯の寿命にとっても重要です。

では、歯並びが悪いとどのような問題が起こるのでしょうか。

1.むし歯・歯周病になりやすい
歯が重なり合っていたり、噛み合わない歯があったりすると、歯みがきの際に毛先がすみずみまで届かず、そこに歯石や歯垢がたまり、むし歯や歯周病など歯の病気にかかりやすくなります。

2.うまく噛めない
食べ物を十分に噛み砕くことができないため、食事を噛まないで飲み込んでしまったりするクセがついてしまい、胃腸に負担をかけてしまいます。

3.発音障害が起こる
「受け口(反対咬合)」や上下の前歯の噛み合わない「開咬」といった不正咬合の場合、サ行やタ行発音が不明瞭となります。また、英語などの発音にも影響が出てきます。

4.顎関節症の原因に
あごの位置が不安定であると、顎関節の発育に影響を与える場合があります。

5.口元に自身がもてない
歯並びが悪いとコンプレックスとなり、大きく口を開けて笑ったり、喋ったりできなくなり、精神面にも悪影響を及ぼします。



トップへ » 当院が選ばれる理由 » まず、癖を治すことから » 歯並びが悪いとどうなる?


コールバック予約

PAGE TOP