トップへ » はじめての方へ » 大人の治療 » 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、睡眠時に無呼吸となる病気です。睡眠中に10秒以上の呼吸の停止状態が1時間で5回以上ある、または7時間の睡眠中に30回以上ある方が睡眠時無呼吸症候群の定義とされています。主に下記のような症状が現れます。

●いびきをかく
●日中に眠気が襲ってくる
●寝相が悪い
●早朝の頭痛

特に、車の運転中に襲われる睡眠時無呼吸症候群特有の眠気は、交通事故を起こす危険性があります。また、生活習慣病との関連性も指摘されており、放置してしまうと生命にも影響を及ぼす恐れがあるため、早期の改善・治療が必要となってきます。

マウスピースを取り入れた治療睡眠時無呼吸症候群
当院では睡眠時無呼吸症候群の治療用に開発された特殊な形状のマウスピースを使用しております。マウスピースをはめ込むと、空気の通り道となる気道が広がり、いびきや無呼吸を防止します。手術などをせず、ほかの治療と比べて身体の負担が少なく効果も高いため、いびき・無呼吸を簡単に治したい方にオススメです。

<マウスピース治療のメリット>
・体に負担がかからない
・手軽に使用できる
・携帯に便利
・効果が高いとされている

<マウスピース治療のデメリット>
・入れ歯の人は使用できない
・成長過程のお子さまは使用できない
・睡眠時に装着しなければならない



トップへ » はじめての方へ » 大人の治療 » 睡眠時無呼吸症候群


コールバック予約

PAGE TOP