トップへ » はじめての方へ » 大人の治療 » 耳鳴りと顎関節症

耳鳴りと顎関節症

耳鳴りの大半はあごの原因からです。では、顎関節症とはどういった症状・原因からなるものなのかご説明します

大人の矯正顎関節症は軽いものから重いものまでさまざまあります。現在、日本人の二人に一人はあごの異常経験があるのではないかと言われています。顎関節症の中には自然に治るものもあります。すべてが悪化していくというものではありません。患部を安静にする、生活習慣等を見直す、薬による治療等で、約8割の方は改善されると言われています。

しかし重症なものでは、手術を要したり、症状も耳鳴り・めまい・痛みなど全身に及び、場合によっては食事が困難になったり、通常の日常生活に支障をきたすほどの症状になったりすることもあります。最近では20~30代、女性に非常に多いと言われています。

顎関節症の主な症状
●噛み合わせに異常を感じることがある
●あごが痛んだり、口が大きく開けたりできなくなる
●口を閉じることができない
●あごを動かしたとき耳の近くで音がする
●腰痛
●肩こり
●呼吸困難
●眼の疲れ

顎関節症の原因もさまざまです。精神的なストレスから歯ぎしりや歯を食いしばることによって起きるもの、外傷によるもの、柔らかい食べ物ばかりを食べておりあごの退化によるもの、姿勢や頬づえ等クセによるもの、食べ物をいつも右か左のどちらかで噛んでいることによるもの、などです。

顎関節症の検査と治療法
顎関節症の検査は、視診・触診、X線による画像診断や顎運動検査、ストレス検査など多岐にわたります。実際の治療は症状によって異なりますが、主な治療法としては、あごを動かす訓練をする運動療法、薬による治療、患部を温めたり冷やしたりする直接的な治療、スプリントなど装具による治療、外科的な治療・手術などです。

耳鳴りを感じる、あごに異常を感じる、口が空けにくい・閉じにくい、音がする、痛みを感じる、といった方は、ぜひ一度当院へお問い合わせください。



トップへ » はじめての方へ » 大人の治療 » 耳鳴りと顎関節症


コールバック予約

PAGE TOP