トップへ » はじめての方へ » 子どもの治療 » 子どもの矯正治療

子どもの矯正治療

子どもの矯正治療子どもの矯正は、あごの骨のバランスや大きさを整えるⅠ期治療(筋機能療法)と歯の位置を整えるⅡ期治療(咬合誘導)からなる2段階の治療です。

特にⅠ期治療は、あごの骨がまだ柔らかくこれから成長していく段階だからこそ、指しゃぶりや舌のクセなどの、このまま放置してしまうと歯並びに影響してしまう悪いクセを直します。

さらに、Ⅱ期治療で大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、大人の歯が生えるスペースの確保や、必要であれば部分的に歯並びを治します。

Ⅰ・Ⅱ期共に成長途中であるため、個人の成長に合わせた治療が可能です。もちろん、すべての歯並びの問題が子どもの矯正への適応ではありません。永久歯が生えそろい、成長が止まってから治療した方がよい場合もあります。その後、第III期(成人矯正)で、噛み合わせや歯並びを治療します。

「子どもの矯正治療」について詳しくはこちら



トップへ » はじめての方へ » 子どもの治療 » 子どもの矯正治療


コールバック予約

PAGE TOP