トップへ » はじめての方へ » 子どもの治療 » 小児歯科

小児歯科

小児歯科小児歯科は言葉のとおり、子どもを対象とした診療科目です。歯の生え始める乳幼児から、永久歯が生えそろう12~13歳位の子どもが対象となります。小児歯科の主な内容としては、フッ素塗布、シーラントを用いた早期のむし歯の予防処置があります。すべては「歯に対する意識を小さい頃から持ってもらう」「歯医者嫌いになってほしくない」ことが目的です。

そのため、治療方針・設備・治療方法は子どものために工夫され、年齢にあわせた診療を行っています。怒らず、怖がらせず、やさしいコミュニケーション、子どもが楽しめるような空間で治療を行い、治療とともに恐怖心も取り除いていきます。

小児歯科の目的
小児歯科の特徴は、成長段階である子どものお口の中を総合的に診療することにあります。あごの成長を見ながら、理想的な永久歯の歯並び、噛み合わせを作り出すための治療、指導を行っているのです。

子どものときのクセである指しゃぶり・おしゃぶりは、お口の成長時期にしてしまうと、入れている時間の長さやしゃぶり方で歯並びやあごの形に影響を及ぼします。その部分をまずは徐々にやめさせていかなければなりません。また、正しい歯磨きを指導し、歯に対する意識を持たせることは、歯の健康維持と成長促進にも関係してきます。



トップへ » はじめての方へ » 子どもの治療 » 小児歯科


コールバック予約

PAGE TOP