トップへ » はじめての方へ » 3分でわかるゼロベース矯正 » 歯科医師によって差が出るバイオプログレッシブ法

歯科医師によって差が出るバイオプログレッシブ法

3分でわかるゼロベース矯正現在の日本の矯正治療は、歯の表面にブラケットと呼ばれる器具を取り付け、そこに真っ直ぐなワイヤーを通して歯列を矯正していく方法が主流です。それに対してバイオプログレッシブ法は、患者さま一人ひとりの歯列に合った形に、ワイヤーを何度も曲げなければなりません。そのため、矯正治療を行う歯科医師によって、仕上がりにかなりの差が出てしまうのです。

患者さまの歯への負担を考えるとバイオプログレッシブ法がよいとわかっていても、なかなかその方法を学べる場所もありません。施術も面倒なので、つい自己流になってしまったり、施術自体をやめてしまったりすることもあります。そのため、患者さまがバイオプログレッシブ法での矯正を希望しても、まず受けられないのです。

患者さまの身になって考えた結果
当院の院長は、バイオプログレッシブ法の権威と呼ばれる歯科医師の元で、5年間学びました。そこで多数の症例を見て基本を学び、バイオプログレッシブ法での矯正が一番患者さまの負担が少ないという考えに至ったのです。

現在でも、当院は基本に忠実なバイオプログレッシブ法での矯正治療を行っています。歯並びにコンプレックスのある方、お子さまの歯並びが気になる方、まずはお気軽にご相談ください。



トップへ » はじめての方へ » 3分でわかるゼロベース矯正 » 歯科医師によって差が出るバイオプログレッシブ法


コールバック予約

PAGE TOP